ソープ店員である男性社員の仕事内容について

>

開店前からしっかりと店内ケアをしています

運転を代行する場合もあります

お酒の勢いを借りてソープを訪れるお客様も沢山います。
ソープで働く男性社員の多くは運転免許が必須となっています。
その理由としては、お客様の送迎をする場合があるからです。

お酒を飲んで運転は出来ないので、お客様の代わりに車の運転を代行します。
かなり酔いが回っているお客様に対しては家の近くのビジネスホテルか自宅の鍵を借りて送り届けます。
それから、悪天候の場合もあると思います。

そのような時にもお客様一人一人を最寄り駅まで送迎するのです。
男性社員は2人チーム体制で送迎を行うようにしています。
高級ソープ店の場合だと、高級車を運転して送迎する事もあるそうです。
お店には送迎専用の車も2台ほどあり洗車や整備も男性社員の仕事になっています。

VIP待遇のお客様に対して

高級ソープ店になるとお客様もとても地位の高い人も数名来店する事があるそうです。
なので、社会的に地位も高く顔も有名な人もいるので、お客様の中にはお店まで男性社員に迎えに来て貰ってソープで楽しむ人もいます。
前の記事でも紹介したように、高級ソープ店だと送迎車も高級車の可能性もあるのですが、それでは周りにバレてしまう事もあるので、普通車での送迎を行う場合もあります。

VIP待遇のお客様に対しても女性キャストとお客様のケアは男性社員が行い管理する事が多いそうです。
高級ソープ店になると男性社員もまるで執事のように身なりから言葉使いまで徹底的に教育されて質の高い男性社員しか送迎が許されない事もあり、お店事に優秀な人材を置いて売り上げに繋げています。


Share